女性の医者
  • ホーム
  • 長芋やサプリでアレルギーを発症したらザイザル

長芋やサプリでアレルギーを発症したらザイザル

長芋や山芋をすりおろしたり口に入れると、蕁麻疹が出来たり口の周辺が腫れたり、吐き気やのどがイガイガする方はアレルギーを持っている可能性が高いので、ザイザルなどの薬を飲んで症状を抑えるようにしましょう。
長芋や山芋にアレルギーを持つ人は多く、触ったり食べたりしなくても、においを嗅いだだけでも湿疹が出来ることがあるので、近づかないようにしましょう。
もし知らないうちに、すりおろした長芋や山芋を食べてしまったら、ザイザルがあれば、蕁麻疹などの症状を抑えられるので、普段からバッグなどに入れておくと安心です。
ザイザルは第二世代抗ヒスタミン薬で、食物や花粉、ハウスダストなどによるアレルギー症状を抑える効果があるので、欲しい場合は病院に行くか、インターネットで個人輸入代行通販に注文するようにしましょう。

花粉症などの、辛いアレルギー症状に効果があるサプリが発売されたことを知ると、高いお金を出してでも、手に入れたいという方は少なくありません。
乳酸菌サプリなどは特に人気がありますが、人によってはサプリが原因でアレルギーを発症する場合があるので、注意が必要です。
サプリは健康食品なので体に優しく、摂取しても平気だろうと思う人は多いですが、乳製品にアレルギーを持つ人が乳酸菌サプリを摂取すると、蕁麻疹や吐き気などの症状が起きるので、成分をよく確認してから購入することが大切です。
アレルギーの原因は人によって違うため、他の人には健康食品であっても、別の人にとっては、アレルギー症状を引き起こす危険な食品である可能性があります。
まずはパッケージに書かれた成分表をよく読み、アレルギー反応が出そうなものが入っていたら、買わないようにしましょう。