女性の医者
  • ホーム
  • ザイザルで花粉症がよくなるのはなぜ?

ザイザルで花粉症がよくなるのはなぜ?

花粉が多量に飛び交う春先には、鼻水が出てティッシュが手放せないという方が急増します。
こうした花粉症に悩まされている方が、手放せないアイテムとしてティッシュの他には、ザイザルがあります。
ザイザルが手放せない理由は、服用することで、鼻水や鼻づまりといった症状が解消されるためです。
ザイザルは、これまでの花粉症薬と比較した場合、とても安全性が高い薬と言われていますが、薬であることには変わりないので、必ず副作用の可能性があります。
そのため、ザイザルを実際に服用する前には、おおよその副作用について知っておくべきでしょう。

その理由は、ザイザルを服用した後に体調不良に見舞われた際、副作用の影響か体調不良かを見極めることができるようになるためです。
薬が体調不良を引き起こしているのであれば、使用を中止することで解決できますし、ザイザルが関与していないのであれば、中止しても体調不良が続きます。
使用を中止しても、解決しないのであれば、病院を受診しましょう。

ザイザルによる副作用としては、頭痛をはじめ倦怠感や疲労感を覚えることが多いです。
また、気分が悪くなったり、口が渇くといった変調も起こります。
本来、眠気が起こらないことがメリットの薬であるのにも関わらず、強い眠気を感じることもあります。
そして、特に重い副作用の場合は、ショック状態に陥り、意識を失い倒れることもあります。
ショック状態に陥ると、命の危険にも繋がってしまうことから、早急に病院に行くようにしましょう。

また、ザイザルはアレルギーの他に、乗り物酔いに対しても有効的です。
乗り物酔いしやすい方は、事前に薬剤を飲用しておくことで、防ぐことができるのです。
花粉症にはオロパタジンも有効で作用の持続時間も長いのでお勧めです。